京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻

生物調節化学研究室

新しい「生物調節化学物質」を見出す

コンセプト

 生物調節化学研究室では、「植物を病気や害虫から守る」という基本的な考えのもと、生物の機能を調節するさまざまな「生物調節化学物質」の研究を行なっています。
 新しい「生物調節化学物質」を創り出すためにはリード化合物の発見が重要です。リード化合物は「生物調節化学物質」の原石となる化合物で、それを磨きあげることで立派な「生物調節化学物質」となります。我々の研究室では、「生物由来の毒」、「コンビナトリアル化学」、「コンピュータケミストリー」によってリード化合物の発見を目指しています。また、その原石(リード化合物)を磨き上げるために、「コンピュータモデリング」、「定量的構造活性相関(QSAR)」手法などを駆使した分子設計を行い、より優れた「生物調節化学物質」を作り上げるとともに、その作用機構を「質量分析計による生体内の変動解析」によって明らかにすることを目指しています。

キーワード

生理活性物質、農薬、二次代謝、植物病害抵抗性、構造活性相関、ドラッグデザイン、昆虫の変態、昆虫ホルモン、植物ホルモン、ペプチド、質量分析